スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主体性を発揮する③ 第1の習慣

自分の「影響の輪」がどこまでかを意識する。
主体的に行動するために必要なのは、
「自分の行動が周りにどんな影響を与えるのか」
をきちんと理解することです。

考え方として
「関心の輪」と「影響の輪」

これは「関心の輪」の中に「影響の輪」があると考えて下さい。
「関心の輪」は自分の関心の範囲のことです。
「影響の輪」は関心のあるものの中で自分が直接影響出来る範囲のことです。
ある事柄が影響の輪に入るかどうかほ立場によります。

例えば
一般の人はプロ野球に関心はあっても勝敗に大きな影響は与えられません。
しかし、監督や選手なら影響を及ぼすことができます。

仕事などでも自分ではどうにもならないことで悩んでいる方も多いですよね。
これに時間やエネルギーをかけるのは無駄です。
しかしこの影響の輪は自分で広げていくことも出来ます。

主体的に行動して周囲に働きかけていくことで自分の影響力が少しずつ大きくなっていくからです。

すると今まではコントロール出来なかった問題もやがては解決に向かわせることが可能になってきます。

確かに天気などコントロール出来ないこともあります。

しかし、仕事、家庭、人間関係などは影響の輪は誰でも少しずつ広げていくことが出来ます。

僕は小学生の頃に転校をしました。
そこでイジメにあったこともありました。しかし行動を起こすことで解決し、その相手とは親友と言われるまで仲が良くなりました。

自分で意識して行動を選択すること。
そして周囲に働きかけていくことで影響力は大きくなっていきます。今まで悩んでいるだけだったことが、自分の力で解決出来るようになっていきます。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ




おめでとうございます!

こんばんは。

実はとても嬉しいことがありましたので、7つの習慣の途中なのですが紹介させていただきます。

先日ある女性の方(仮にAさんとします。)から、

「これから面接を受けるのですが...」と相談を受けました。Aさんは50歳です。

「未経験の仕事なんです。」Aさんは接客の仕事は昔アルバイトを少ししただけとのことでした。あとはずっと事務系の仕事をされてきたそうです。今回はアパレル関係の面接だということでした。

「面接では嘘をつく必要もないし、自分が好きなことややりたいことを話せば良いと思います。」

「前に接客には向いてないと面接で言われて不採用になったのですが...」そんな感じには見えないと思うんですよね。なので、

「面接会場(部屋)に入る時には笑顔で、ハキハキと動作も緩慢にならないようにすれば絶対大丈夫です。」

少しトラウマになっているかもしれないので、自信を持ってもらったほうがいいですね。

「あと、服装はあまり固くないほうがいいと思います。働くところの雰囲気に合ったものがいいですよ。」

あとは聞かれたことは正直に話すということ(ごまかしたり、知ったかぶりをしない)。解らないことは質問するということ。

などなど幾つかアドバイスしました。

面接から数日後に採用の通知がきたようです。とても喜んでいました。

私もとても嬉しかったです。ちょっとホッともしました。(笑)

この場を借りまして「本当におめでとうございます。」

こういう話を聞くと勇気が湧いてきますよね。

俺もまだまだいけるな!

40、50なんてまだまだです。お互いに頑張りましょう!

本当は違うアーティストを探していたのですが...こんな動画見つけました。

岸部一徳 67歳!ジュリーも66歳!さすがです。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ









主体性を発揮する②

「主体性を持つということは率先力を発揮するだけではなく、人間として自分の人生に対する責任をとるということである。    スティーブン・R・コヴィー

第1の習慣は「主体性を発揮する」では「主体性」とは何でしょう。

コヴィーはこれを「人間として自分の人生に対する責任を取ること」と定義する。

自分の人生の主役は自分であり、どんな人生にするのかを決めるのは自分、ということです。

しかし何か嫌なことがあると、すぐ他人のせいにする人は多いですね。

仕事のミスも、失恋も、他人のせい、周りのせい、血液型のせい、星座のせい?といっても

星座や血液型を変えることはできませんね。環境を変えるのは難しいということです。

では他人はどうでしょう?他人が都合良く変わってくれたら、失恋もしませんよね。仕事のミスもたいして問題になりません。ミスも起きなかったかもしれませんね。

でもそんなことを考えていても、現実は何も変わりません。他人のせいにしているのは単なる責任の放棄です。

実は事前に何か出来ているはずなんです。

失恋は「彼(彼女)が心変わりしたせいだ。許せない!」なんて話はよく聞きます。

話を聞くと一緒になって相手を悪く言いますよね。それが当たり前ですよね。

でも本当に相手だけが悪かったのでしょうか?失恋を回避することは出来なかったのでしょうか?

自分が変われば、変わるための行動を起こしていたら回避できたのではないかと思います。

それが出来なければ同じことの繰り返しです。決別するためには自分が変わらなければならないのです。

うまくいかないことがあっても、流されて行動するのはよくないですね。

自分自身で取り巻く状況を率先して変えるように意識していくことが必要です。

自分のやり方が変われば相手も変わる

例えば

妻の料理に不満を持つ夫がいたとします。

食事のたびに「もっと美味しいものを出してよ。」

と言えば料理は美味しくなるでしょうか?そういう方はもっと

「自分の行動、言動が相手にどんな影響を及ぼすか」を考える必要がありますね。これは仕事でもそうですよ。

感謝の言葉を添えてみたり、食事の感想を一言添えてみたりしたらどうでしょう?

自分が言われて、やられて嫌なことは相手も嫌なんです。そうされて「この人のために頑張ろう」と思いますか?

妻がうれしく感じればもっと美味しくつくろうという努力をしていきます。そうすれば料理の味も変化していきますね。

そうすれば、料理だけではなく、夫婦間の関係の改善されていくはずです。美味しい料理が食べられて、家庭が円満で良いことばかりになります。最初のままであれば、お互いに不満ばかりになります。このちょっとした一言で未来は大きく変わりますよ。

どうでしょう?未来の結果を選択するのは自分なんですよ。気が付くかどうかは別にしても

必ず現在の状況を自分で選択しているんです。失恋も自分で選択しているんですよ。そういう自覚が必要なんです。

仕事も「自分で○○する」と置き換えてみて下さい。

選択肢                                結果
会社で残業をする。
友達と遊びに行く。      会社で残業する。
家族と夕食を食べる。

この結果を「会社のせい、上司のせいで残業をさせられる」と考えるか
     「必要だから今日は残業をする。」と考えるかです。

僕は先日2週間ほど休みがありませんでした。これも考え方で大きく未来は変わりますよ。

僕は仕事は自分で選択をしてするようにしています。「休めない」ではなく「休まない」です。

休まないことを自分で選択をします。その代わりに次の週には3連休を取る。その選択も自分です。

なんでも自分でと置き換えていってみましょう。

主体性のない人
生まれつきだから… 
○○のせいでしなくてはならない、そうするしかない。
もっと優しくしてほしい。

主体性を持つには
他の方法、他の材料がないか考えることを選ぶ
そうすることに決めた。私は○○する、と言い換える。
まずは自分が相手を肯定し、優しく接する。


変えられるのは自分だけ。
自分が変われば人も環境も変わっていく。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

主体性を発揮する    第一の習慣①

何でも周囲のせいにする人は「所詮、世の中は変わらない」と考えています。

だが、それは違うのです。

行動に対する意識を変えれば、世界の見え方は変わってきます。

「刺激と反応の間に人間だけに与えられた素晴らしい力が存在している。それが反応を選択する能力なのである。」                       スティーブン・R・コヴィー

私達は自分の性格や行動の原因を周囲の環境に求めて、決めつけてしまいがちです。

上司、妻、住宅環境や経済状況など自分を取り巻く環境が自分の行動を決めていると考えてしまいます。

例えば、

「いつも両親に怒られて育ったので自分に自信がない」とか「男兄弟だけで男子校出身だから女性が苦手」

また

「祖父や父は社交的じゃなかった。だから自分も社交的じゃないんだ。」

というように環境やDNAを理由にしてしまうこと多くないですか?

確かに環境からの刺激に対して、特定の反応をしてしまうことはあります。

しかしその反応を繰り返し、当たり前と慣れてしまうこはダメなんです。

人間には自覚するという優れた能力があります。

自分の人生を生きるためには、まず環境に流されることをやめなくてはならないのです。


例えば、朝出社したら自分の机に高級なチョコレートが置いてあったとします。

甘いものが好きな人なら思わずてを伸ばすかもしれないですね。

しかし、ダイエット中ならどうでしょうか?あるいは、急いでいてそれどころではなかったら...

チョコレート(刺激)を見た後の行動(反応)は当然変わってきまよね。

人は本来自分の状況や方針を踏まえて、与えられた刺激に対する行動を客観的に決めることができる存在なんです。

これが「自覚」の力です。
状況を客観的に見て行動の選択を意識するということです。


× 正確や行動の原因を環境のせいにする。

○ 正確や行動を自覚して決める。


「なぜ、こうしたか」を自覚しましょう。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

三十三観音霊場めぐりの旅?

皆さんは巡礼についてご存知ですか?僕は正直言ってあまり知りませんでした。

お遍路さんの姿をTVなどで見ても「自分とは違う世界の話かな」と思ってました。

巡礼は観音信仰がさかんになった平安時代の中期から、修験道や僧たちの修行としてはじまりました。
やがて布教の方法のひとつとして巡礼がすすめられるようになって、江戸時代になって庶民に普及し、広まりました。

今、心の”よりどころ”を求める人々が、巡礼にその場を求めているといいます。
古来から日本人は、旅を好み、旅によって人は磨かれるとも教えられてきました。

はじめは純粋な信仰心というよりも物見遊山の行楽的な気持ちで巡礼に出た人も札所から札所への道も霊場であると言われるだけに、いつしか心が洗われ、信仰の世界に入っている自分を見出すことができる。

ということです。

僕はこのブログの他に「八百万の神々を訪ねて」というブログも書いています。こちらでは神社やお寺を紹介しています。

始めてから半年以上経過し、訪れた寺社も50を超えました。最初の頃はとにかくブログの記事の為に訪れていたような気もします。しかし、回を重ねるうちに変化していきました。

境内に入って社殿に向かっていたりすると、自然と自分の考えが整理することが出来たり、真の自分と向き合うことが出来るようになってきました。確かに心が洗われていったのかも知れません。

そして去年の暮れに心願を立てて、三十三観音霊場めぐりを思い立ちました。
末娘のこと、そしてブログを見ていただいた方のご多幸とご健康を祈願して巡礼をします。

皆さんも一緒に巡礼をしている気分で、何か心願を立ててご覧になってみて下さい。
僕も代参のような気持ちで巡礼していきます。
といっても本格的にお遍路さんの装束ではしません。ごくごく普通の格好でやります。
どうぞ気楽にお立ち寄り下さい。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
プロフィール

BIRD

Author:BIRD
転職数は10回!そのうちの半数は40代です。採用担当者の視点と両サイドからの視点で転職を考えます。そして成功までのノウハウを紹介していきます。

最新記事
にほんブログ村               人気ブログランキング
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
FC2ブログランキング
応援クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。