スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主体性を発揮する③ 第1の習慣

自分の「影響の輪」がどこまでかを意識する。
主体的に行動するために必要なのは、
「自分の行動が周りにどんな影響を与えるのか」
をきちんと理解することです。

考え方として
「関心の輪」と「影響の輪」

これは「関心の輪」の中に「影響の輪」があると考えて下さい。
「関心の輪」は自分の関心の範囲のことです。
「影響の輪」は関心のあるものの中で自分が直接影響出来る範囲のことです。
ある事柄が影響の輪に入るかどうかほ立場によります。

例えば
一般の人はプロ野球に関心はあっても勝敗に大きな影響は与えられません。
しかし、監督や選手なら影響を及ぼすことができます。

仕事などでも自分ではどうにもならないことで悩んでいる方も多いですよね。
これに時間やエネルギーをかけるのは無駄です。
しかしこの影響の輪は自分で広げていくことも出来ます。

主体的に行動して周囲に働きかけていくことで自分の影響力が少しずつ大きくなっていくからです。

すると今まではコントロール出来なかった問題もやがては解決に向かわせることが可能になってきます。

確かに天気などコントロール出来ないこともあります。

しかし、仕事、家庭、人間関係などは影響の輪は誰でも少しずつ広げていくことが出来ます。

僕は小学生の頃に転校をしました。
そこでイジメにあったこともありました。しかし行動を起こすことで解決し、その相手とは親友と言われるまで仲が良くなりました。

自分で意識して行動を選択すること。
そして周囲に働きかけていくことで影響力は大きくなっていきます。今まで悩んでいるだけだったことが、自分の力で解決出来るようになっていきます。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ




物の見方(パラダイム)を変換する。  理解しておくこと④

ある訓練艦隊の戦艦が、霧がかかる視界の悪い天気の中で航海をしていた。

暗くなってきたとき、進路上に光が見えた。衝突の危険がある。

「相手の船に対し、信号を出せ。衝突の危険があるため、20度進路を変更せよ、と」

相手からの信号が返ってきた。

「そちらの方が20度進路を変更して下さい。」

艦長は再び命令した。

「私は艦長だ。20度進路を変更するように」

すると

「こちらは二等兵。そちらの方こそ20度進路を変えるよう命令する」

艦長は怒り出し、

「信号を送れ。こちらは戦艦だ。20度進路を変えろ」と叫んだ。

点滅する光の信号が返ってきた。

「こちらは灯台である」

艦長は自分の船の進路を変えた。    (インサイド・アウトより)

正しいパラダイムは自分のパラダイムを少し変えるとか、修正するといったことで得られるものではない。

劇的にひっくり返すことで、新しい世界が開けてくる。
     

パラダイムとは世の中の事象を解釈するときに基準となる考え方のことです。

人は自分の立場でものを見ています。なのでパラダイムがひっくり返ると、世の中の見え方はがらりと変わってきます。

パラダイムが自分の行動や態度の源であるという認識が重要なんです。

もし今自分の人生が望んでいないものであるならば、それはパラダイムに問題があるということです。

「人格主義は、私達の人生を支配する原則が存在するという基本的は概念に基づいている。・・・人間の生活にも自然の法則があるということだ」  スティーブン・R・コヴィー

原則とは国や時代を超えて普遍的な正しさを持ち、誰もがその価値を認めるものとしています。

たとえば

公正さ、誠実、貢献、忍耐、勇気、人間の尊厳など。

これらを原則として行動する習慣が、身につけばテクニックとかに頼らなくても人生は正しい方向に開かれていきます。

これらが身についていくと楽になります。

判断を間違えるということも減っていきます。コミュニケーションもとりやすくなります。

なぜならこれらのことが正しいということは普遍的なものであり、誰もが理解しているからです。

いうなれば共通の言語のようなものです。逆にこれを知らないとなるとどうなるでしょうか?

「人格を高めること=成功への道」このようなパラダイムを持つことが重要です。

パラダイム変換を起こせば人生は変わります。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

2014年が皆様にとって素晴らしい年となりますように!



今年もよろしくお願いいたします。

良いお年を!

こんばんは。

今年もあと5時間を残すところとなりました。

皆様にとって今年はどのような年だったのでしょうか?

転職に成功したという方、就職活動真っ只中という方、今、転職を考えている方
もいらっしゃるかと思います。

私はこの一年を振り返ってみると、夏ぐらいからは運気が上がってきたと思います。

寒くなっています。くれぐれもご自愛下さいませ。

では皆様にとって2014年が良い年となりますように!

ベースアップと労働環境の悪化

今回は前回のデフレとブラックの続きです。

政府のデフレ脱却の政策(今回の消費税8%についても)で給料のベースアップについての

話が出ていました。最低賃金の底上ですとか、ベースアップをお願いするとかですね。

(ベースアップする企業に対しては銀行が融資をしないという問題も出ているようですが。)

ベースアップについては問題はないのですが、業績が上がっていないのにベースアップをしたらどうなりますか?

これも家計と一緒なんです。私たちの給料が上がってないのに消費税によって価格が上がる。
蛇足ですが、物価については、円安によってすでに上がっていますね。値上げをしていない場合は企業の収益が下がっているのです。

当然無い袖は振れないので消費は冷え込みます。と同様に企業でも業績が上がってないのに人件費だけを上げるということは有り得ないのです。
更に融資も無くなるとなれば、当然実行する訳がありません。多少税金が優遇されたとしてもです。

今回、低所得者については1万円が給付されます。これは期間は1年ではなく、1年半です。これは、2014年4月に消費税が8%にあがり、2015年10月には、10%にあがります。その10%に上がるまでの1年半の分です。

話をベースアップに戻しますが、
例えば、時給を10円上げたとします。
一ヶ月の労働時間を170時間とします。
従業員は10人とすると1700時間ですね。コスト増は17000円です。
人件費を同額にしようとした場合は時間を減らすことになりますね。平均時給が1000円とすると17時間減らすことになります。業種によって17時間の削減は若干違うかと思いますが、どうでしょうか?

この賃金の上げ方では当然所得は増えませんね。
政府としては、所得税の増加、所得の増加による景気上昇、デフレ脱却ということなのでしょうが。
一歩間違うと更なるデフレ、景気後退、倒産による失業率の増加、労働環境の悪化につながってしまいます。
そうならないように我々も努力していかないといけない時期にきていると思います。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
プロフィール

BIRD

Author:BIRD
転職数は10回!そのうちの半数は40代です。採用担当者の視点と両サイドからの視点で転職を考えます。そして成功までのノウハウを紹介していきます。

最新記事
にほんブログ村               人気ブログランキング
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
FC2ブログランキング
応援クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。