スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WIN-WINを考える 第4の習慣②

「長期においては、両方が勝たなければ、両方の負けになる。だから相互依存の現実においては、WIN-WIN以外に現実的な方法はないのだ。」スティーブン・R・コヴィー

"WIN-WIN"とは、交渉で問題を解決する際、双方にプラスとなる関係のこと。WIN-WINを考えるには、まず、人間関係のパターンを知ることが重要です。

人間関係のパターン

WIN-WIN  自分も相手も勝つ。両者が欲しい結果を得る。

WIN-LOSE 自分が勝ち、相手が負ける。自分は満足し、相手は言いなりになる。

LOSE-WIN 自分が負けて、相手が勝つ。相手は満足し、自分は言いなりになる。または、衝突を避けて、相手の言いなりになる。

LOSE-LOSE  自分も相手も負ける。相手を負かしたい一心で自分にもリスクがあり、不利になる行動をする。

WIN      自分だけの勝ちを考える。他人の不幸や不利、迷惑を考えずに行動する。          

WIN-WINまたはNO DEAL WIN-WINを目指したにもかかわらず、双方が納得できない場合には、取引自体をしないという選択を行う。


WIN-WINの関係づくりには勇気と思いやりが必要です。自分のWINを得るためには、相手に主張する勇気がいるし、相手にWINを与えるには、相手に譲る思いやりが必要になるからです。

転職サイトに興味がある方は転職、再就職ドットコム

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BIRD

Author:BIRD
転職数は10回!そのうちの半数は40代です。採用担当者の視点と両サイドからの視点で転職を考えます。そして成功までのノウハウを紹介していきます。

最新記事
にほんブログ村               人気ブログランキング
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
FC2ブログランキング
応援クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。