スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目的を持って始める② 第2の習慣

人生の目的を見つける3つの力

「人生の目的を決めよう」と言われても、手のつけどころがないように感じる人もいるのではないでしょうか?
かくいう僕もそうでした。コヴィーは「3つの自分の力を信じよ」とアドバイスしています。その3つの力とは...

自分はどんなキャラクターの人物で、いつ、どんなことを成し遂げながら終わりを迎えるのか。そんな人生の筋書きを

「人生の脚本」といいます。本来この脚本は当然ながら自分で書き上げるべきものなのですが、それを他人任せにしている人も多いのです。いやいや耳の痛い話です。(苦笑)

進学先は親や先生の言うがまま。サークル選びは友人と一緒。就職活動先は人気ランキングから。リストラされれば型通りに落ち込んで...これが「自分の人生」と言えるのでしょうか?僕も今までそんなことは当たり前であり、自分で決めているかのごとく考えて行動していました。そうではないのですね。自分ば何をしたいのか?自分は何が出来るのか?を考えて行動を選択する。当たり前のことなのですが、振り返ってみると出来ていなかったのです。

人は誰でも人生の脚本を書く3つの力を持っています。

① 自覚する力
② 想像する力
③ 良心

です。自覚することでは、主体性を向上させることが出来ます。想像力を使えば、将来の姿がイメージ出来ます。良心があれば、嫌なことや、思い通りにならないことがあっても自暴自棄になって一線を踏み外すことはありません。

では、自分の人生の目的を見出すにはどうしたらいいのでしょう。

まずは、生活の中心を考えることです。
ここで第1の習慣の「影響の輪」(自分が関心を持っているものの中で自分が直接影響できる範囲のこと)を思い出してください。そして輪の中心にいる自分を意識します。
意識することで日々の言動にブレがなくなって人間としての安定性が増します。
そうすると自分が「向かうべき道はどれか?」という方向性を考える意味が出てきます。

まず、自分は何に関心を持っているのか?そしてその中で自分が直接影響できることはなにか?自分は何を変えることができるのか?そして将来その範囲(輪)を広げることを想像したり、その為には何をすべきか?そして将来どうなりたいか?将来の自分の姿を考えていきます。そういうことを常に意識していくことが重要です。それによって日々の生活に軸が出来てきます。当然安定性を増してきます。

そうなると、「自分」というものをより強く自覚するようになって、相手との違いを理解しようとする知恵が生まれてきます。これが自分らしく振舞う力の源になって人生のゴールに着実に進んでいけるようになります。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BIRD

Author:BIRD
転職数は10回!そのうちの半数は40代です。採用担当者の視点と両サイドからの視点で転職を考えます。そして成功までのノウハウを紹介していきます。

最新記事
にほんブログ村               人気ブログランキング
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
FC2ブログランキング
応援クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。