スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が変わることでしか環境は変わらない  理解しておくこと⑦

おはようございます。

「7つの習慣」を理解する上で非常に重要なのが、「インサイド・アウト」という考え方です。

これは自分自身の内面(インサイド)を変えることから始める

ということであり、自分自身の根本的なパラダイム、人格、動機などを変えることから始めるということである。   

                                  スティーブン・R・コヴィー

前回では問題を環境や周囲の人のせいにして「問題解決のためには、彼らが変わる必要がある。その為のテクニックg亜必要だ」と考えることの問題点について触れました。
このような考え方を「アウトサイド・イン」と呼びます。

自分の外側(アウトサイド)が変わることで、良い結果を得ようとする考え方です。

このような考え方をする人は、基本的に他責的で被害者意識に満ちています。と言う私も振り返れば...(汗)

「教え方が悪いから成績が悪い」「上司がバカだから自分も成果が出ない」」「周りに見る目がないから自分の才能が開花しない」というような考え方です。

自分は変わりたくない。周りが変われば、結果は出るはず。その為に人を動かすテクニックが欲しい...

しかし、人や環境を思い通りに変えることなんて出来ませんよね。

どうですか?皆さんは誰の考えで行動していますか?自分の意思で行動してますよね。それとも誰かに操られて行動させられていますか?

自分を変えられるのは自分自身しかいないんです。

いつまでも周囲の変化を待っているだけでは何も生まれないんです!



「上司が自分を正しく評価していない」と愚痴を言っても事態は好転なんてしないのです。それで損をするのは誰ですか?

結局は自分が損するだけです。自分で行動して結果を出すしかありません。結果が出れば認められます。

これは転職でも言えますよね。「景気が悪い」と言っても景気が良くなり、雇用が促進されることはありません。

発想の転換をして、行動を起こすことで(少し大変な思いを一時的にするとしても)状況を好転させることが出来るのではないですか?そしてそれが出来るのは自分だけなんです。


アウトサイド・インの考え方

まず、環境を改善すべき

まず相手が変わるべき


インサイド・アウトの考え方

相手がしてほしいであろうことを予測して動く

過酷な状況でも自分のできることを考える

率先して大変な役目を引き受ける

       

周りから一目置かれる存在になる

      

才能が認められる = 成功へ

こうしていくことによってプラスのスパイラルに転じていくことができます。


転職サイト、人材紹介会社に興味のある方は転職、再就職ドットコム

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BIRD

Author:BIRD
転職数は10回!そのうちの半数は40代です。採用担当者の視点と両サイドからの視点で転職を考えます。そして成功までのノウハウを紹介していきます。

最新記事
にほんブログ村               人気ブログランキング
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
FC2ブログランキング
応援クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。