スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主体性を発揮する②

「主体性を持つということは率先力を発揮するだけではなく、人間として自分の人生に対する責任をとるということである。    スティーブン・R・コヴィー

第1の習慣は「主体性を発揮する」では「主体性」とは何でしょう。

コヴィーはこれを「人間として自分の人生に対する責任を取ること」と定義する。

自分の人生の主役は自分であり、どんな人生にするのかを決めるのは自分、ということです。

しかし何か嫌なことがあると、すぐ他人のせいにする人は多いですね。

仕事のミスも、失恋も、他人のせい、周りのせい、血液型のせい、星座のせい?といっても

星座や血液型を変えることはできませんね。環境を変えるのは難しいということです。

では他人はどうでしょう?他人が都合良く変わってくれたら、失恋もしませんよね。仕事のミスもたいして問題になりません。ミスも起きなかったかもしれませんね。

でもそんなことを考えていても、現実は何も変わりません。他人のせいにしているのは単なる責任の放棄です。

実は事前に何か出来ているはずなんです。

失恋は「彼(彼女)が心変わりしたせいだ。許せない!」なんて話はよく聞きます。

話を聞くと一緒になって相手を悪く言いますよね。それが当たり前ですよね。

でも本当に相手だけが悪かったのでしょうか?失恋を回避することは出来なかったのでしょうか?

自分が変われば、変わるための行動を起こしていたら回避できたのではないかと思います。

それが出来なければ同じことの繰り返しです。決別するためには自分が変わらなければならないのです。

うまくいかないことがあっても、流されて行動するのはよくないですね。

自分自身で取り巻く状況を率先して変えるように意識していくことが必要です。

自分のやり方が変われば相手も変わる

例えば

妻の料理に不満を持つ夫がいたとします。

食事のたびに「もっと美味しいものを出してよ。」

と言えば料理は美味しくなるでしょうか?そういう方はもっと

「自分の行動、言動が相手にどんな影響を及ぼすか」を考える必要がありますね。これは仕事でもそうですよ。

感謝の言葉を添えてみたり、食事の感想を一言添えてみたりしたらどうでしょう?

自分が言われて、やられて嫌なことは相手も嫌なんです。そうされて「この人のために頑張ろう」と思いますか?

妻がうれしく感じればもっと美味しくつくろうという努力をしていきます。そうすれば料理の味も変化していきますね。

そうすれば、料理だけではなく、夫婦間の関係の改善されていくはずです。美味しい料理が食べられて、家庭が円満で良いことばかりになります。最初のままであれば、お互いに不満ばかりになります。このちょっとした一言で未来は大きく変わりますよ。

どうでしょう?未来の結果を選択するのは自分なんですよ。気が付くかどうかは別にしても

必ず現在の状況を自分で選択しているんです。失恋も自分で選択しているんですよ。そういう自覚が必要なんです。

仕事も「自分で○○する」と置き換えてみて下さい。

選択肢                                結果
会社で残業をする。
友達と遊びに行く。      会社で残業する。
家族と夕食を食べる。

この結果を「会社のせい、上司のせいで残業をさせられる」と考えるか
     「必要だから今日は残業をする。」と考えるかです。

僕は先日2週間ほど休みがありませんでした。これも考え方で大きく未来は変わりますよ。

僕は仕事は自分で選択をしてするようにしています。「休めない」ではなく「休まない」です。

休まないことを自分で選択をします。その代わりに次の週には3連休を取る。その選択も自分です。

なんでも自分でと置き換えていってみましょう。

主体性のない人
生まれつきだから… 
○○のせいでしなくてはならない、そうするしかない。
もっと優しくしてほしい。

主体性を持つには
他の方法、他の材料がないか考えることを選ぶ
そうすることに決めた。私は○○する、と言い換える。
まずは自分が相手を肯定し、優しく接する。


変えられるのは自分だけ。
自分が変われば人も環境も変わっていく。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
スポンサーサイト

主体性を発揮する    第一の習慣①

何でも周囲のせいにする人は「所詮、世の中は変わらない」と考えています。

だが、それは違うのです。

行動に対する意識を変えれば、世界の見え方は変わってきます。

「刺激と反応の間に人間だけに与えられた素晴らしい力が存在している。それが反応を選択する能力なのである。」                       スティーブン・R・コヴィー

私達は自分の性格や行動の原因を周囲の環境に求めて、決めつけてしまいがちです。

上司、妻、住宅環境や経済状況など自分を取り巻く環境が自分の行動を決めていると考えてしまいます。

例えば、

「いつも両親に怒られて育ったので自分に自信がない」とか「男兄弟だけで男子校出身だから女性が苦手」

また

「祖父や父は社交的じゃなかった。だから自分も社交的じゃないんだ。」

というように環境やDNAを理由にしてしまうこと多くないですか?

確かに環境からの刺激に対して、特定の反応をしてしまうことはあります。

しかしその反応を繰り返し、当たり前と慣れてしまうこはダメなんです。

人間には自覚するという優れた能力があります。

自分の人生を生きるためには、まず環境に流されることをやめなくてはならないのです。


例えば、朝出社したら自分の机に高級なチョコレートが置いてあったとします。

甘いものが好きな人なら思わずてを伸ばすかもしれないですね。

しかし、ダイエット中ならどうでしょうか?あるいは、急いでいてそれどころではなかったら...

チョコレート(刺激)を見た後の行動(反応)は当然変わってきまよね。

人は本来自分の状況や方針を踏まえて、与えられた刺激に対する行動を客観的に決めることができる存在なんです。

これが「自覚」の力です。
状況を客観的に見て行動の選択を意識するということです。


× 正確や行動の原因を環境のせいにする。

○ 正確や行動を自覚して決める。


「なぜ、こうしたか」を自覚しましょう。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

三十三観音霊場めぐりの旅?

皆さんは巡礼についてご存知ですか?僕は正直言ってあまり知りませんでした。

お遍路さんの姿をTVなどで見ても「自分とは違う世界の話かな」と思ってました。

巡礼は観音信仰がさかんになった平安時代の中期から、修験道や僧たちの修行としてはじまりました。
やがて布教の方法のひとつとして巡礼がすすめられるようになって、江戸時代になって庶民に普及し、広まりました。

今、心の”よりどころ”を求める人々が、巡礼にその場を求めているといいます。
古来から日本人は、旅を好み、旅によって人は磨かれるとも教えられてきました。

はじめは純粋な信仰心というよりも物見遊山の行楽的な気持ちで巡礼に出た人も札所から札所への道も霊場であると言われるだけに、いつしか心が洗われ、信仰の世界に入っている自分を見出すことができる。

ということです。

僕はこのブログの他に「八百万の神々を訪ねて」というブログも書いています。こちらでは神社やお寺を紹介しています。

始めてから半年以上経過し、訪れた寺社も50を超えました。最初の頃はとにかくブログの記事の為に訪れていたような気もします。しかし、回を重ねるうちに変化していきました。

境内に入って社殿に向かっていたりすると、自然と自分の考えが整理することが出来たり、真の自分と向き合うことが出来るようになってきました。確かに心が洗われていったのかも知れません。

そして去年の暮れに心願を立てて、三十三観音霊場めぐりを思い立ちました。
末娘のこと、そしてブログを見ていただいた方のご多幸とご健康を祈願して巡礼をします。

皆さんも一緒に巡礼をしている気分で、何か心願を立ててご覧になってみて下さい。
僕も代参のような気持ちで巡礼していきます。
といっても本格的にお遍路さんの装束ではしません。ごくごく普通の格好でやります。
どうぞ気楽にお立ち寄り下さい。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

これからの人生の成功確率は?

あなたにはどれだけ明るい未来が待ってっているのでしょうか?


設問は全部で14問です。YES OR NOで答えて下さい。

①常識や「空気を読むこと」を意識しすぎた行動が多い

②思い通りにいかなくてイライラすることが多い

③仕事やトレーニング、家事や買い物などを段取りを考えずに始めることが多い

④今の自分の仕事や状況に、やりがいや目的を見出せていない

⑤時間がなくて、やりたいことが後回しになっていると感じる

⑥家にいるときは、何となくテレビをつけている

⑦結局、人生は競争で、強者が勝つのが真理だと思う

⑧成功のためには、誰かを蹴落とすことも仕方がないと思う

⑨人の話を途中で遮って意見を言ってしまうことが多い

⑩会話が「でも」「だけど」で始まっていることが多い

⑪交渉とは、妥協点を探し、相手の譲歩を引き出す作業のことだと思う

⑫考え方やタイプが似ている人といたほうが楽しい

⑬マンガは読むが、活字の本は1年で5冊も読まない

⑭定期的な運動は特にしていない



※ YESの数で判断します。

判定 人生の成功確率は… 

YESの数  人生の成功確率

 13~14   10%    

「失敗する人の考え方・習慣」に見事にはまってます。今、自分の状況に不満があるとしたら、それは全てあなたの責任。すぐに自己改革に取り組みましょう。伸びしろが多いぶん、頑張れば成果も大きいはずです。

  8~12   30%    

わがままなうえ、悪いことはすぐに人のせいにするようなことはありませんか?そんな態度ではやがて人は離れていくでしょう。信頼されない人に成功の道はありません。

 4~ 7    60%

まずまずですが、あなたの何気ない振る舞いが、ときに周囲を失望させていて、いまいち「頼れる人」「すごい人」になりきれてないようです。より高いポジションを目指すなら、少しずつ自分を変える努力が必要です。

  0~ 3     90%

「7つの習慣」の考え方が、かなり身についています!あなたの周囲からの信頼は厚いはず。さらに「7つの習慣」を深く理解し、さらに自分の人生を力強く切り開いていきましょう。



ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

「正しさ」を習慣にするために必要なもの  理解しておくこと⑧

「正しい」とわかっているだけでは、その行動を習慣にすることは出来ない。

人がある行動を習慣として身につけるためには、どんな条件が必要なのでしょうか?

新しい習慣は

知識(なぜ必要か、何をするか)

スキル(どのようにするか)

やる気(習慣にしたい、という思い)

で身につきます。この三つの要素のどれもが必要なんです。

例えば、歯磨きを例にとります。

知識      虫歯は印象が悪いし、多くの病気を引き起こす。だから歯磨きが必要。

スキル     歯ブラシや歯磨きの使い方を体得している。

やる気     歯磨きをメリットが多いから続けるという気持ち。

これで初めて歯磨きの習慣が形成されます。歯磨きをサボってしまう人はこれらのどれかが欠けているのです。

知識  = 行動の意義を理解する。(なぜ必要なのか、何をすればいいのかを理解する。)

スキル = 効果的な方法で実行する。(どうやって行うかを理解し必要な技能を身につける。)

やる気 = 自分が変わろうと努力することを誓う。(実行しようと思う気持ちを常に持つ)

これらのすべてが合わさって初めて習慣になります。

転職サイト、人材紹介会社に興味のある方は転職、再就職ドットコム

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

自分が変わることでしか環境は変わらない  理解しておくこと⑦

おはようございます。

「7つの習慣」を理解する上で非常に重要なのが、「インサイド・アウト」という考え方です。

これは自分自身の内面(インサイド)を変えることから始める

ということであり、自分自身の根本的なパラダイム、人格、動機などを変えることから始めるということである。   

                                  スティーブン・R・コヴィー

前回では問題を環境や周囲の人のせいにして「問題解決のためには、彼らが変わる必要がある。その為のテクニックg亜必要だ」と考えることの問題点について触れました。
このような考え方を「アウトサイド・イン」と呼びます。

自分の外側(アウトサイド)が変わることで、良い結果を得ようとする考え方です。

このような考え方をする人は、基本的に他責的で被害者意識に満ちています。と言う私も振り返れば...(汗)

「教え方が悪いから成績が悪い」「上司がバカだから自分も成果が出ない」」「周りに見る目がないから自分の才能が開花しない」というような考え方です。

自分は変わりたくない。周りが変われば、結果は出るはず。その為に人を動かすテクニックが欲しい...

しかし、人や環境を思い通りに変えることなんて出来ませんよね。

どうですか?皆さんは誰の考えで行動していますか?自分の意思で行動してますよね。それとも誰かに操られて行動させられていますか?

自分を変えられるのは自分自身しかいないんです。

いつまでも周囲の変化を待っているだけでは何も生まれないんです!



「上司が自分を正しく評価していない」と愚痴を言っても事態は好転なんてしないのです。それで損をするのは誰ですか?

結局は自分が損するだけです。自分で行動して結果を出すしかありません。結果が出れば認められます。

これは転職でも言えますよね。「景気が悪い」と言っても景気が良くなり、雇用が促進されることはありません。

発想の転換をして、行動を起こすことで(少し大変な思いを一時的にするとしても)状況を好転させることが出来るのではないですか?そしてそれが出来るのは自分だけなんです。


アウトサイド・インの考え方

まず、環境を改善すべき

まず相手が変わるべき


インサイド・アウトの考え方

相手がしてほしいであろうことを予測して動く

過酷な状況でも自分のできることを考える

率先して大変な役目を引き受ける

       

周りから一目置かれる存在になる

      

才能が認められる = 成功へ

こうしていくことによってプラスのスパイラルに転じていくことができます。


転職サイト、人材紹介会社に興味のある方は転職、再就職ドットコム

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

さあ、働こうぜ! ~ Let's Work!

今日はちょっとコーヒーブレイク

「レッツ・ワーク」1987年ミック・ジャガー

この曲はミック・ジャガーが働く意欲や自信が無くなってしまった母国イギリスの国民に向けてのメッセージソングだったそうです。

当時は???だったこの曲が聴きなおしてみたら、なかなか良いんですよ。

仕事で自信を失くしそうな時、休み明け仕事が億劫に思える時、奮い立たせてくれる曲です。(笑)

Let's Work!

「さあ、働こうぜ!」

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

「コツを知りたい」とは成功者は考えない。  理解しておくこと⑥

「問題解決の方法をを知りたい」という発想自体、ピントがずれている。

手っ取り早く効果を求める効率主義は、自分の、そして他人の成長も妨げることに...

仕事でも家庭でも友人関係でも成功者に学んで、アドバイスを求める人は多いですね。

「私は○○で困っています。どうすればいいのですか。コツを教えてくれませんか。」

この発想がそもそも間違っているとコヴィーは言っています。どうしてでしょう?

これは「目の前の問題を解決する、手っ取り早い応急処置を教えてほしい。」と言うの等しいからです。

アドバイスをもらったとしても、それは短期的に事態は収まるかもしれないですが、根本的な解決にはなりません。

やがては、もっと深刻な問題が再発します。

風邪をひいた時に症状を抑える薬を与えるのと同じなんです。でもそれは再発の予防にはならないですよね。

普段から、栄養をとったり、体を鍛えたりして風邪をひかない体を作ることが、根本的な解決につながります。


問題に対して即効性のある解決策を求める人⇒表面的な問題にとらわれている。

相手の行動という見た目の現象にとらわれて「だから相手が悪い」と考えやすいんです。そんな人は部下や後輩が思い通りに動かないとき、すぐに相手の能力のせいにします。モチベーションを上げる方法や、システムを変えて効率を上げる方法などで解決しようとします。


しかし相手は上司、先輩であるその人を尊敬できないから本気になれないのかもしれないのです。
まずは、問題の根本を解決する必要がありますよね。

そもそも尊敬されるようになれば、自然とモチベーションも上がり、効率も上がってくるものです。

根っこがしっかりすれば幹も枝も葉も安定して成長していきます。根っこがしっかりしていないのに枝や葉ばかりに気がとられていたら、樹は倒れてしまいます。

人間関係で表面的なテクニックに頼った問題解決を求める人は、相手の心情を無視して、人を物や道具として見ているのです。

表面的な問題にとらわれることこそ問題。


「自分に問題はないか」といつも問おう。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

「コツを知りたい」とは成功者は考えない。  理解しておくこと⑥

「問題解決の方法をを知りたい」という発想自体、ピントがずれている。

手っ取り早く効果を求める効率主義は、自分の、そして他人の成長も妨げることに...

仕事でも家庭でも友人関係でも成功者に学んで、アドバイスを求める人は多いですね。

「私は○○で困っています。どうすればいいのですか。コツを教えてくれませんか。」

この発想がそもそも間違っているとコヴィーは言っています。どうしてでしょう?

これは「目の前の問題を解決する、手っ取り早い応急処置を教えてほしい。」と言うの等しいからです。

アドバイスをもらったとしても、それは短期的に事態は収まるかもしれないですが、根本的な解決にはなりません。

やがては、もっと深刻な問題が再発します。

風邪をひいた時に症状を抑える薬を与えるのと同じなんです。でもそれは再発の予防にはならないですよね。

普段から、栄養をとったり、体を鍛えたりして風邪をひかない体を作ることが、根本的な解決につながります。


問題に対して即効性のある解決策を求める人⇒表面的な問題にとらわれている。

相手の行動という見た目の現象にとらわれて「だから相手が悪い」と考えやすいんです。そんな人は部下や後輩が思い通りに動かないとき、すぐに相手の能力のせいにします。モチベーションを上げる方法や、システムを変えて効率を上げる方法などで解決しようとします。


しかし相手は上司、先輩であるその人を尊敬できないから本気になれないのかもしれないのです。
まずは、問題の根本を解決する必要がありますよね。

そもそも尊敬されるようになれば、自然とモチベーションも上がり、効率も上がってくるものです。

根っこがしっかりすれば幹も枝も葉も安定して成長していきます。根っこがしっかりしていないのに枝や葉ばかりに気がとられていたら、樹は倒れてしまいます。

表面的な問題にとらわれることこそ問題。

「自分に問題はないか」といつも問おう。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

成長には「習慣」という過程が必要   理解しておくこと⑤

人間の成長過程には、しかるべき順序とプロセスがある。

各段階ともそれぞれ大切であり、またそれぞれに時間がかかる。どの段階も飛ばすことはできない。スティーブン・R・コヴィー

人間は誠実、公正、勇気、忍耐、貢献などの原則を中心に生きるべきです。

頭で理解することはできても本当に身につけるとなると難しくないですか?

僕は反省することばかりです...(笑)

たとえば、家族や恋人、友人同僚と喧嘩をしたときに悪いとわかっていてもすぐに素直に頭を下げられますか?

出来ない方も多いですよね。プライドが許さないんです。このように頭でわかってはいても素直に行動できないことは以外と多いのです。

自己啓発本などを読んでも結果が出ない、出せないという場合はこの人格を重視する原則が身についてないからです。

頭で理解をしても、人はすぐには変われないですね。

成長には本来、時間がかかり、そこには手順を踏んだプロセスが必要なんです。

スポーツや楽器などでいきなり難易度の高いことをやろうとしても出来ませんよね。それと一緒です。

自分の人格を高めるときも、「毎日、練習する」という考え方をしてみましょう。

たとえば、友人や家族に照れくさくてお礼が言えないという人は、「どうも」から始めてみて、慣れてきたら

「ありがとう」「どうもありがとう」ときちんとお礼するようにするというように。

感謝を伝えることは、とても重要です。「そんなのわかってくれていると思った」なんて言うのはダメです。

言葉というのは自分の意思を伝えるためにあるわけですから。言わなければわからないことが多いんです。

コピーをとってもらったり、資料を揃えてもらったり、お茶を淹れてもらったりと当たり前のようにやってもらっていること。そのことに感謝出来てますか?「ありがとう」言えてますか?


こんなことはありませんか?

部下に仕事のミスを指摘すると言い訳ばかりする。

子供が口ごたえばかりして言うことを聞かない。

夫が家事を全然手伝ってくれない。


そんなときにはどうしますか?

罰を与えていくことを聞かせる、頭ごなしにどなりつける、自分の大変さを強調して文句を言う???

これではダメですね。一時的に効果があるようにも思えますが、反発を招くだけです。

真の問題は信頼関係が築けていないことなんです。だから自分が変わる必要があります。

自分の主張は正しいからと押し付けてもダメなんです。だからすぐに結果を出そうとしてはいけません。「急がば回れ」です。

プロセスとしては
なぜ問題が起こったかを理解する→相手にも意見をきく→少しずつ行動を変える。

感謝とか、褒めるといった言葉が足りないことが多いですよね。あとは笑顔など表情もあるかもしれません。

このプロセスを習慣化させることで周囲と深い信頼関係が築かれるのです。


自分を理解してくれる、話を聞いてくれると感じて言うことを聞くようになる。

この人の言うことだったらしっかりやろう、とやる気を出してくれる。

この人なら後からフォローしてくれる、と嫌なこともやるようになる。



成長には「習慣」という過程が必要なんです。そして

毎日の少しずつの変化が自分を大きく成長させるんです。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ


物の見方(パラダイム)を変換する。  理解しておくこと④

ある訓練艦隊の戦艦が、霧がかかる視界の悪い天気の中で航海をしていた。

暗くなってきたとき、進路上に光が見えた。衝突の危険がある。

「相手の船に対し、信号を出せ。衝突の危険があるため、20度進路を変更せよ、と」

相手からの信号が返ってきた。

「そちらの方が20度進路を変更して下さい。」

艦長は再び命令した。

「私は艦長だ。20度進路を変更するように」

すると

「こちらは二等兵。そちらの方こそ20度進路を変えるよう命令する」

艦長は怒り出し、

「信号を送れ。こちらは戦艦だ。20度進路を変えろ」と叫んだ。

点滅する光の信号が返ってきた。

「こちらは灯台である」

艦長は自分の船の進路を変えた。    (インサイド・アウトより)

正しいパラダイムは自分のパラダイムを少し変えるとか、修正するといったことで得られるものではない。

劇的にひっくり返すことで、新しい世界が開けてくる。
     

パラダイムとは世の中の事象を解釈するときに基準となる考え方のことです。

人は自分の立場でものを見ています。なのでパラダイムがひっくり返ると、世の中の見え方はがらりと変わってきます。

パラダイムが自分の行動や態度の源であるという認識が重要なんです。

もし今自分の人生が望んでいないものであるならば、それはパラダイムに問題があるということです。

「人格主義は、私達の人生を支配する原則が存在するという基本的は概念に基づいている。・・・人間の生活にも自然の法則があるということだ」  スティーブン・R・コヴィー

原則とは国や時代を超えて普遍的な正しさを持ち、誰もがその価値を認めるものとしています。

たとえば

公正さ、誠実、貢献、忍耐、勇気、人間の尊厳など。

これらを原則として行動する習慣が、身につけばテクニックとかに頼らなくても人生は正しい方向に開かれていきます。

これらが身についていくと楽になります。

判断を間違えるということも減っていきます。コミュニケーションもとりやすくなります。

なぜならこれらのことが正しいということは普遍的なものであり、誰もが理解しているからです。

いうなれば共通の言語のようなものです。逆にこれを知らないとなるとどうなるでしょうか?

「人格を高めること=成功への道」このようなパラダイムを持つことが重要です。

パラダイム変換を起こせば人生は変わります。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

失敗する人の法則 成功する人の法則とは?          理解しておくこと③

「自分の価値観は自分にとっては一番で、まるで特別なものであるかのように思っている人は多い。だが、その価値観へのこだわりが『成功』を遠ざけている。」                                    スティーブン・R・コヴィー

おはようございます。

皆さんはいかがですか?自分の価値観って疑ったことはありますか?もちろん闇雲に全て否定するという話ではありません。

この価値観ってやつはなかなか曲者です。(笑)

男女が別れるときも『価値観の違い』を理由にあげたりしますよね。

好き合った二人が別れるのですから、当然職場とか学校とかの人間関係にも大きく影響を及ぼすことは疑いの余地はありませんね。

お互いに譲ることができなければ、人間関係は壊れてしまいます。そしてそのせいで成長や成功の機会を逃している人も多いのです。

たとえば、職場で不遇は扱いを受けている人が、自分が理解されないことを周囲のせいにして、

「本当の自分には実力がある。今、自分がこんな状態なのは、誰もその価値をわかっていないからだ。」

と考えていたとします。

こういう人は仕事を頼まれても、相手を見下していたり、「こんな仕事は自分には相応しくない」などと思っていたりして本気を出さない、当然結果も出ない、なので評価もされない、さらにもっと小さな仕事しか任せなくなる、本人は「周りはバカばかりだ、わかっていない」とか考えて更にふてくされる。というような負のスパイラルに陥っていきます。

トイレ掃除を例にあげます。

「おお!これこそ俺に相応しい仕事だ!」と思う人はいないと思います。

で、適当にやったらどうですか?そういう人には重要な仕事は任せたくないと思いませんか?

私はトイレ掃除をキッチリやってくれた部下は評価します。トイレを綺麗にすることによって多くの利益がもたらされる可能性があります。トイレで企業を判断される場合だってあります。というか、重要な顔ですよね。
トイレ掃除が出来ない、その重要性を理解できない人には重要な仕事を任せることはできないですね。

自分の価値観が悪い結果を引き寄せている場合も多いのです。

SEE(物の見方)→DO(行動)→GET(結果、得るもの)の循環が悪い方に繰り返されることで起きています。

物の見方がまずいせいで行動や結果がまずくなる。これが更に物の見方をまずくして行動や結果を悪化させるという繰り返しです。

SEE→DO→GETという連鎖は変わりません。であれば出発点のSEEを変えるしかないのです。

「どんな小さな仕事でも、誠実にやり遂げれば認めてもらえる。」そう思って行動した人はその仕事で認められて少し大きな仕事を任されるようになりますよね。

これは仕事に限ったことではありません。人と人の係り全てにおいて言えることです。

一足飛びにいきなり大きな仕事を任せられることも大きなチャンスを得ることもそうそうありません。

一つの成功が新たな成功を呼び、それがまた更にと膨らんでいくのです。

成功の始まりは物の見方を変えることなんです。

行動や結果まで影響する物の見方を「パラダイム」といいます。

「七つの習慣」はこのパラダイムを成功の法則に向けて転換する考え方なんです。

自分の持つパラダイムを理解する。

自分のパラダイムが成功を遠ざけているかもしれないと認識する。

自分のパラダイムを転換させる方法を知る。

ということですね。

ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ




自分の見方は正しいか?   理解しておくこと②

早いですね~ 2014年ももう1週間が経つんですね。

おはようございます。

今日は「自分の見方は正しいか?」ということについてです。

よく客観的に物事を見る正確に見るということを聞きますよね。あっ別に反対ではないのですが(笑)

でもよく考えると無理ですよね。見た瞬間に脳は働きます。綺麗なものを見たら綺麗だと思いますよね。

しかしながら、何が綺麗で何が汚いかということは誰が判断しているかというと私達自身ですよね。

その他のことも必ず文化、歴史、教育、社会通念、個人の経験などに影響されている訳です。

私達はそのようなフィルターを通して全てを見ているということになります。

例えば、私はよく家の台所に立って家族のために食事を作ります。

家事に協力的な優しい旦那さんと思うか、それとも軟弱な男と思うか、それぞれだと思います。

その印象で相手に対する態度も変わりますよね。

もう一つ
友達に人形を貸してと言われてかたくなに人形を手放さない少女がいたとします。

その場面だけを見たら多くの人は「少女はわがままだ」と否定的に評価しますよね。

しかし、その人形が昨日他界した母親の形見だっだとしたらどうでしょう?見方が変わりますよね。

このように物事を正確に見るとか、あるがままにということは出来ないことも多いという認識は必要です。

ニュースなんか見ててもそうですよね。「殺人」というと加害者を悪人と決めつけてしまいます。しかしその背景がわからなければ本当のところはわからないのです。

人はものごとを自分の見たいように見ているのです。

人間の行動や態度を表面的に判断するという考え方や物の見方を疑わずにいると、ときには真実とかけ離れたところに行き着いてしまいます。

これが人生だったらどうでしょうか?
間違った地図を見て目的地を目指すようなものです。そしてその目的地が間違っていることは到着しなければわからないのです。しかし人生は後戻りできないことも多いんです。

人間の行動に関する事実はもっと深いところで考える必要があるのです。

それが「人格を重視する」という考え方です。

人格を育てる前にスキルテクニック重視で自己改革をしようとすると、物の見方が、狭まってしまう危険もある。自分の見方にとらわれ、ものごとを多角的に理解できなくなるのだ。          スティーブン・R・コヴィー   


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

2014年が皆様にとって素晴らしい年となりますように!



今年もよろしくお願いいたします。
プロフィール

BIRD

Author:BIRD
転職数は10回!そのうちの半数は40代です。採用担当者の視点と両サイドからの視点で転職を考えます。そして成功までのノウハウを紹介していきます。

最新記事
にほんブログ村               人気ブログランキング
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
FC2ブログランキング
応援クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。